ナリセン攻略!スキンとは?入手方法は?(成り上がり)

この記事は、成り上がり(ナリセン)攻略!スキンとは?入手方法は?と言ったものをまとめた記事です!

やっぱりスキンヘッドが1番良いですよ……ね?え?スキンってそのスキンじゃ無い?おっと失礼。

結構昔からスキンって言葉はゲームにあるので、ちゃんと大まかにでも理解してる人が多いと思います!

と言ったところで今回もね、成り上がり(ナリセン)というゲームの攻略情報をまとめて行くわけなんです!

今回はスキンについての記事ということでまとめるわけなんですが、そもそもスキンとは何なのかというところから始めたいと思いますよ(⊃'ω')⊃

成り上がり(ナリセン)攻略!スキンとは?

スキンとは?

スキンとは、多くのゲームにおいて、見た目だけの装備や服装の事を指して使う言葉です!

本来の意味では、肌や皮膚などの事を指しますが外側という点で考えると違和感がない……かも?

成り上がり(ナリセン)で言うスキンは、美人と家来両方で使われているシステムで、見た目を変えることが出来ます(=´∀`)

スキンを変えることが出来ると、美人は親密度がレアなら500、エピックなら1000、限定なら1500+百花美人(スキル)が手に入ります。

親密度を上げておけば、該当する美人との間にできる跡取の能力値が高くなりやすいので、是非入手したい!

成り上がり(ナリセン)攻略!スキン入手方法

1.華武競馬

華武競馬というのがあって、屋敷メニュー左上にあります。

課金アイテムである判金で買える応援券(俗に言う馬券)を使って、水・金・日曜日に行われる競馬を楽しむものです。

配当金は毎回違い、賭けるのは開催日以外でも可能(⊃'ω')⊃

勝てば華武金が貰え、負けると賭けていた応援券の枚数分の馬蹄金が貰えます。

華武金を集めると、家来や美人のスキンを作るための欠片と交換出来ます!

数で言えば途方もない回数勝たないと、いけませんが……(>_<)

平均400華武金を毎回勝てても週3で1200、スキンによって必要数が違うので、安くても2500×30回(交換上限)なので、15000÷1200=12.5週はかかる計算ですね……。

正直効率は悪いものの、入手方法が限られてくる中でのことなので、出来るだけ勝ちたいところ。

2.イベント入手

前項の華武競馬も一応イベント扱いなのですが、他にも色々イベントがあり、期間が空いたら復刻もしてくれるので、無課金でもスキンが入手可能なはず(画像のイベントは終了しています)。

ナリセンを始めるのが遅くても復刻されるなら大丈夫ですね!少々課金などはしないとイベント上位には入れませんが……。

開催中のイベントはナリセン公式Twitterにて確認出来ますが、ゲーム内でイベントが見当たらない場合、進行度が足りず、要素自体が解禁されていない可能性があります!

イベント報酬でしかスキンは基本手に入らないため、イベントが来たら参加したいところですが、判金が足りないと報酬が交換出来ず仕舞いになるんです……!

無課金でも判金は集められるので、効率の良い集め方を考えると良いでしょう。

まとめ

成り上がり(ナリセン)攻略!スキンとは?入手方法は?と言ったところをまとめると……

  • スキンは見た目を変えるだけじゃなく、親密度やステータスに影響を与えます!
  • 華武競馬などのイベント報酬が主な入手方法になっていて、他ではほぼスキンが手に入らない
  • イベントは復刻してくれるので、遅く始めたからと言って詰むわけじゃない!

以上です!

スキンを変える時に貰える親密度は最低の500でもかなり高いので、スキンが貰えるイベントがあったら、出来るだけ手に入れるようにしましょう!

まぁ、自分が欲しい美人や家来のスキンが、都合よくイベント報酬として入手できるかと言えば、そうでもないんですけどね……(^◇^;)

ここで最後に、スマホゲーム好きなあなたに・・・

今のゲームの合間に息抜きでできる神ゲー\(^o^)/

を紹介したいと思います!!



少女廻戦という比較的最近リリースされた放置系スマホゲームなのですが、これがまた最高に男子の心をくすぐってくれるんです(笑)

ゲームの中でゲットした美少女を放置で育成していくことでどんどん強くなれるので、ゲームの掛け持ちもしやすいのが嬉しいところ!

そして何より、、、キャラがかなりセクシー(。>﹏<。)ヌルヌル動くのも見応えが満載です。

健康な男子であれば、これは一度は体験しておかないともったいないレベルのクオリティになっています!

↓こんな感じで(笑)



もちろん無料でダウンロードして試すことができますので、ぜひ一度このクオリティを体感してみてくださいねー!\(^o^)/

>>少女廻戦の無料ダウンロードはここからできます

おすすめの記事