スクスタ攻略!ガチャは単発10連どっちを引くべき?(ラブライブ)

スクスタ(ラブライブ)の攻略に欠かせないガチャ!

単発や10連など色々な引き方があって、どっちを引くべきか悩みどころですよね(´・ω・`)

今回はそんなガチャについてご紹介していこうと思います♪

スクスタ(ラブライブ)攻略!ガチャの種類は?

スクスタ(ラブライブ)では、ガチャを引くことでスクールアイドルを入手することができます。

スクールアイドルたちはライブを攻略していくなかで必須なので、ガチャはどんどん引いていかないといけません。

そんなガチャは、“ラブ力スター”というアイテムで引くことができます。

ラブ力スターは課金して購入するほか、ログインボーナスやクエスト報酬などで手に入れることができます。

基本的には50個消費で単発、500個消費で10連を引くことができるようになっています。

ほかのゲームでよくあるコインガチャやポイントガチャは今のところ実装されていないので、今後追加されるかどうか気になるところですね。(・∀・)

ガチャの種類的には、有償限定のものや、初心者限定のもの、イベントピックアップなど色々とあるのですが、どれも基本的には“単発”か“10連”かの2種類の引き方が用意されています。

引き方が2つあると、どっちを引くべきか少し悩んでしまいますよね。

今回はそんな悩みを解消するために、引き方による違いなどを説明しつつ、どっちを引くべきかをご紹介していこうと思います!(`・ω・´)

スクスタ(ラブライブ)攻略!ガチャは10連単発どっちを引くべき?

スクスタ(ラブライブ)のガチャに実装されている“単発”と“10連”の引き方。

それぞれの特徴をまず確認してみましょう♪(´∀`)

単発ガチャとは?

名前の通り1回だけ引くガチャです。

消費するラブ力ストーンは基本的には50個です。

有償限定や期間限定、1日1回限定で10ラブ力ストーンで1回引くことが出来るなど、セールになっている単発ガチャも存在します。

10連ガチャとは?

単発とは違い、1回引くことで10人のアイドルを獲得することができます。

消費するラブ力スターは基本的には500個。

単発10回分と同じですね。

10連ガチャも単発と同じで、有償限定や期間限定のものも登場しています。

10連のポイントは“確定枠”が存在することです。

特定のレアリティ以上の排出が確定しているので、同じ消費でもお得になってくるんですね(`・ω・´)

どっちを引くべき?

単発か10連かで迷ったときは、やはり10連がおすすめ!

基本的な排出確率は同じですが、重要なのは一定のレアリティ以上が必ず排出される“確定枠”です。

確定枠の存在は大きいので、高レアリティのアイドルを入手するためにも、迷わず10連で引いていきましょう♪(´∀`*)

個人的にリセマラ中に単発数回で引いてみたり、10連で引いてみたりと試してみましたが、体感的にもやはり10連のほうがSRの集まりが良い雰囲気でした。

ガチャ画面でSR確定の金色のスポットライトが複数並んでいる様子などをみるとかなりわくわくです(*´ω`*)

運がよければURの虹色が複数登場することなどもあるので、10連のドキドキ感はたまりませんね……!

ライブの攻略にはアイドル集めが必須なので、ラブ力スターを貯めて10連をがんがん回していきましょう♪

スクスタ(ラブライブ)攻略!ガチャは10連単発どっち引くべき?まとめ

  • ガチャはラブ力スターで引くことができる!
  • 10連だと確定枠がある!
  • 単発か10連なら迷わず10連をおすすめ!

スクスタ(ラブライブ)を攻略するにはアイドルをあつめるためにもガチャは必須です…!

単発か10連かどっちを引くべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください(´∀`*)

たくさんアイドルを集めてライブを攻略していきましょう♪

ここで最後に、スマホゲーム好きなあなたに・・・

今のゲームの合間に息抜きでできる神ゲー\(^o^)/

を紹介したいと思います!!



少女廻戦という比較的最近リリースされた放置系スマホゲームなのですが、これがまた最高に男子の心をくすぐってくれるんです(笑)

ゲームの中でゲットした美少女を放置で育成していくことでどんどん強くなれるので、ゲームの掛け持ちもしやすいのが嬉しいところ!

そして何より、、、キャラがかなりセクシー(。>﹏<。)ヌルヌル動くのも見応えが満載です。

健康な男子であれば、これは一度は体験しておかないともったいないレベルのクオリティになっています!

↓こんな感じで(笑)



もちろん無料でダウンロードして試すことができますので、ぜひ一度このクオリティを体感してみてくださいねー!\(^o^)/

>>少女廻戦の無料ダウンロードはここからできます

おすすめの記事